So-net無料ブログ作成

2日連続ラーメン [温泉]

歳をとったら脂っこいものが苦手になりさっぱりしたものを好む…と言われるけど、私はまだまだ脂っこいの好き。
ステーキ好き。とんかつ好き。ラーメン好き。

好きだけど、中性脂肪とか、もっとダイレクトに太るとか吹き出ものが出るとかそういう理由で控えるようにはしている。

だけど、無性にラーメンが食べたくなる時がある。
ラーメン食べたいとなったら、他の麺類や定食では代替はきかないですね。

ラーメン食べたい!!どうしても!!
ということで12号線沿いのキネドールに行った。

すると、ややや。10月14日付で閉店したとのこと。
夏に行ったときに、老夫婦だけで切り盛りしている様子を見てなんかそうなるような予感はあったのよね。
閉店の貼り紙を見て、「やっぱり」の気持ちとせめて9月中にもう一度くるんだった…の残念の気持ちが込み上げてきた。

キネドールがないとわかってもすでにラーメンの口になった私はラーメン以外食べることが考えられない。

山岡家へ。
DSC_0627
ピリ辛ネギラーメン(塩)。
美味しい。うっきうきで麺を食べ進んでいったら、もうない。
あれ?量少なくない?私の感覚では80グラムあるかなしかって感じよ。
普通、麺って100グラムはあるもんなんじゃ。だって家で作る西山ラーメンの麺は一人分110グラムだよ。
ラーメンの量は、普通・中・大盛の3つから選ぶんだけど、普通盛り=小盛なのかな。替え玉したいくらいだけど山岡家にそのシステムはないしねぇ。
ラーメン食べたい欲求が満たされたような、満たされないような。

そんな気分だったせいか、翌日、日帰り温泉につかろうと太美にいったついでに、大好きなラーメン店に行った。

焼肉屋さんの牛骨ラーメン。これが絶品。
一人前1200円とラーメンとは思えない強気価格ながら、美味しいしボリュームたっぷりだしで大満足ラーメン。
車で行くと店前には大行列。並ぼうにも駐車場も満車なので並べず。
しょうがないからあきらめて温泉にいったら、ここもなんと駐車場が満車で停められず。
じゃあこっちの駐車場が空くまで、温泉よりも回転がはやいだろうラーメンに並ぼうと再びお店にいき、なんとか車を停めて店前に並ぶと、列のすぐ前のおじさんが「ラーメンは今日もう終了だってよ」。えーーーーーーーーーーっ。
ラーメン切れちゃったのかー。

なくなく再び温泉の駐車場に戻り一台の駐車スペースをみつけて温泉にはいったのでした。
あーあ。残念。2日連続ラーメンならず。

DSC_0563
これがむちゃくちゃ美味しい牛骨ラーメン。
次はいつ食べられるかな。

ところで、肩こりがつらすぎて温泉ではあかすりとリンパマッサージをお願いしたわけですが、特に辛いところはどこですか?と聞かれ「首とふくらはぎです」と、そこを念入りにお願いしました。
で、肩から首のマッサージでぐいーっと首をひっぱられると、「あーーー。すごい。肩こり過ぎて首が減り込んでいたのか今首がすごく伸びましたよーー」だって。
そんなことある?
カメになった気分ざんす。

でも気持ちよかったーーー。


nice!(3)  コメント(0) 

ニセコで一泊温泉旅行♪ [温泉]

24で3軒はしご酒した翌日,ニセコに一泊旅行に出掛けました。
ゆっくりとお昼近くに出発。
ニセコへの王道ルートとも言える中山峠経由です。

中山峠を越えて喜茂別の「郷の駅ホッときもべつ」をスルーして「道の駅230ルスツ」で休憩。友人のお土産物探しもかねて立ち寄ったつもりが,けっこうお腹が空いていたのでここで食べちゃおう!とレストランにずんずん行くも「やや満席」状態。
せっかくここまで来て喧騒の中でランチというのもなんだかなーと思い,空きっ腹をかかえて次へ。

お土産物探索を兼ねて次の道の駅へ。
DSC_0973
真狩の道の駅。

足寄の道の駅では千春の唄がエンドレスで流れていたからあそこよりはマシか。
にしても~。道南にある「横綱のさとふくしま」は出身の力士を讃えまくっていたし,道の駅って郷土のスターにちなむものなんですかねぇ。
こちらの道の駅のレストランもイマイチ,イマニ...だったので,次へ。

DSC_0974DSC_0975
DSC_0977DSC_0978
やって来ました。ニセコ。
ニセコ駅内のカレー好き。

DSC_0980
ハンバーグカレーを注文。もうちょっとスパイシーでも良いかなと思ったけど,なにせこの添え物ののようなサラダの野菜が美味しい。そして無料でサーブされる水が美味しい。
こんな美味しい野菜と水に接すると,ニセコも良いなぁ...と思うけど,冬の豪雪を思うと移住へのハードルは高いわ。

腹もふくれたので,午後3時のチェックイン時間前ではあったけどお宿へ。
DSC_0993DSC_0982
お部屋に通してくれました。

温泉に宿泊するのはすごく久しぶり。
毎年5月の洞爺湖マラソン時に洞爺湖温泉に2泊するのが恒例だったけど,今年はダーリンがDNSだったため私一人が日帰りで参加したし。
温泉イイね!
到着早々長湯をしたら,夕食前にホテルのフィットネスジムでひとっ走りしようとウェア&シューズを荷物に忍ばせていたのに全くそんな気がおきず,部屋に戻ってベッドでゴロゴロして夕食の時間を待った。

DSC_0985DSC_0986DSC_0988DSC_0989
夕食は「和洋折衷ハーフビュッフェ」ですと。
ゆったり旅館食を期待していたのでちょっとガッカリ。
ガッカリだけど,やっぱり野菜が美味しくてすこし気分が良くなった。

食後に再び温泉に入り,翌朝も男女入れ替わった風呂に入って温泉堪能。
ただ,温泉に入り過ぎたのか体があつくて寝付けなかった。おかげで真夜中のW杯「日本vs.セネガル」戦を見ることができた。

帰りは,小樽経由。
小樽駅前で友人とお別れ。
まだ朝10時だったので,30分ほどスーパーで買い物をして時間をつぶし,美園へ。
DSC_0996DSC_0994

早すぎたのか,「アイスクリームならすぐに提供できるんですが,クリームがまだ融けてなくて...」とのことでしたが,絶対絶対パフェが食べたかったので待ちました。
そのかいあって,いつも通りのとても美味しく,そしてオマケしていただいていつも以上のジャンボパフェを堪能しました。

DSC_0999
デザートと順番が逆になってしまったけど,家に戻って小樽のスーパーで買った寿司を食す。
うん。美味い。
小樽は札幌よりも物価が安くて住みよい街。
だけどやっぱり移住にはハードルが高いなぁ。


nice!(6)  コメント(3) 

年末・年始の旅 大晦日編 [温泉]

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

恒例の年末・年始の札幌脱出の旅。
でもその前に食料の調達をしなければ。
おせち料理は、前もってインターネットで注文して大晦日に配達されるようにしたけど、お寿司とかお菓子とか買わなきゃ。
ということで、朝9時オープンの大丸札幌店に並んだ。

DSC_1425
オープン10分前に到着するとすでにこの列。
その後もお客さんが続々とやって来て、最後尾は入口からかなり遠くの方になっていた。

いよいよオープン。
昨年は、「勝手知ったる大丸よ」とばかりに入り口から鮮魚売り場まで最短距離を移動したら列に並ばなければ売り場に入れないことが判明し、最後尾まで列を遡ると結局入り口に到達した...というへまをしたので、今回は最初から最後尾看板を目指す。
すると、入場制限はあったものの案外はやく鮮魚売り場に入れた。
しかし、鮮魚売り場はぎゅーぎゅーの大混雑。買い物かごを頭の上に掲げてなんとかお寿司コーナーにたどり着いてゲット。
寿司だけを手に取ってレジに大行列ができる前に会計し、あとは正月の和菓子を買って退散。
午前10時に家に戻れた。

出かけている間に無事におせち料理も配達されていて、これで揃った。
お昼に出発。
DSC_1426
道東道は雪が少なく車も少なく、快適。

音更帯広で高速を下りると、
DSC_1429
雪がなーーーい。道路が渇いてるーー。
さすがスケート王国ですなぁ。

ちなみに、北海道の公立小中学校の冬期の体育ではウィンタースポーツをするわけですが、降雪量の多寡によってスキー地域とスケート地域とにわかれます。なので、体育でなにやったかでおおよその出身地が分かるという(北海道あるある?)。

出発からおよそ3時間で宿に到着。
お腹が空いていたので、そばを食べにでかけた。
そば屋なんてどこにでもあると調べもせずにぶらりと出かけたら、全然なくて帯広駅に行きついた。エキナカにはあるよねーーとうろつくと、あった。
が、暖簾は下がってるけど準備中みたいな雰囲気。
お店の人に尋ねると、揚げ物を使わないものなら提供してくれるそう。

DSC_1431DSC_1432
私はとり南蛮で、ダーリンは五目そば。

ぎりぎりセーフで年越しそばにありつけたことを喜んだのもつかの間、厨房の方から閉店間際にやって来た客を歓迎していないふしの会話が聞こえて来る...。
こ、こ、これは、「まだ食ってる途中でしょうが!」の場面くるか?と、ドキドキとワクワク(?)ないまぜの心境でそばをすすっていると、当然ながらそんなことはなく。
最後まで美味しくいただきました。

宿泊は駅前のビジホながら、帯広はモール温泉のメッカなのでビジホでもモール温泉を楽しめる。温泉に入ってさっぱりしたところで、

DSC_1435
ご馳走を広げて年越しパーティーのスタート。
が、寿司に醤油がついていない!
どうしよう。どうしよう。
醤油なしで寿司は食べれないし、風呂入って寝間着に着替えているのにコンビニになんか行きたくない。
困った時のフロント頼みで電話をしたところ、なんと従業員の方の私物をお貸し頂けた。
ありがたい。

注文したおせちは同じ内容の重箱の二段重で、文字通りの2人用おせち。
1人ずつ食べるには便利だけど、なんだかお弁当食べてるみたいでちょっと味気ない。
それにあっと言う間に平らげてしまったし。
これは来年に向けて改善しなければ。

たらふく食べて大晦日の夜は更けていきました。


nice!(3)  コメント(5) 

今回は雪見温泉 [温泉]

3月に入ってから順当に雪がとけ、春だ~と浮かれていたけど、
やっぱりそう甘くはない。

朝は雨だったのに、じょじょに粒が大きくなり、昼前にはボッタボタの雪。
運転が心もとなかったけど、またまた南幌温泉へ行ってきた。

DSC_0588
南幌町。
往路は私が運転手。手に汗握る握る。
片側2車線の国道では車線が見にくいし、片側一車線の田舎道に入ったら入ったで、左に寄ると畑にそのままおちそうだし、中央に寄ると対向車(とくにトラック)が恐ろしい。
前を向いて走るのが精一杯で、車線変更や本道に入るとき左の確認をダーリンに協力してもらった(そのせいでダーリンは首を痛めたらしい)。

なにはともあれ、温泉前の腹ごしらえのために南幌町のレストラン「ことぶきや」に到着。

DSC_0584DSC_0583
1階は厚岸漁協直送の牡蠣がいっぱい。
レストランの2階は落ち着いた雰囲気。

DSC_0579
牡蠣が食べたいので、まずは単品で蒸し牡蠣。
ぷりっぷりで美味しい~。

DSC_0581
牡蠣定食♪
5個の牡蠣はみな立派で、衣が薄くてとても美味しい。
毛ガニの味噌汁、イクラと煮物の小鉢、それに杏仁豆腐もついて1200円は大満足。

お腹がいっぱいになったところで、南幌温泉へ。
しんしんと降り続ける雪はとっても厄介だけど、雪見温泉はおつですなぁ。
露天風呂では頭に降りつける雪がとても心地よくて、いつまでも入っていられる。
ダーリンには悪いけど、入浴時間1時間半は譲れないのだす。


nice!(7)  コメント(7) 

久しぶりの日帰り温泉♪ [温泉]

本日、啓蟄。
札幌もかなり春めいてきた。

春めいてくるとどこかに行きたくなる。
と言うわけで、仕事終わりのダーリンと合流して南幌温泉へ。
午後5時過ぎでも明るいのが嬉しいなぁ。

まずは、ご飯。
DSC_0569DSC_0569-1
南幌温泉名物のキャベツ天丼。
ここには過去2度ほど来ておりますが、一度も食事をしたことがなく、当然名物のキャベツ天丼も今回が初めて。
4つのかき揚げを円錐状に盛り付けたキャベツ天丼は、一見してすごいインパクト。
が、食べてみると、くどい。
4つのかき揚げのうち一つを食べたところで、もういいかな...の状態。
それでも頑張って3つ食べたけれども、4つ目はどうしてもダメ。
私が持て余しているのを見て、どれどれと手を伸ばしたダーリンも一口食べて、くどい。
名物なので一度は食べてみたかったけど、二度目はないなぁ。

南幌温泉と言えば、ラドン入浴が楽しみ。
が、最後に来た5年前には、「ラドン入浴法」なる貼り紙があり、1度の入浴は10分を超えてはならないとか、1日15分を超えてはならない、とか、いろいろ入浴上の注意があったのだけど、それらのものが一切なかった。
ラドン入浴に科学的根拠なしってことなのかな。
それでもたっぷりラドン入浴、サウナ、露天風呂を満喫。
温泉はいいなぁ。

DSC_0571DSC_0572
お土産に南幌温泉のキムチを購入。
大根と白菜とキャベツ。
さっそく大根のキムチを食べた。辛すぎず美味しい。

DSC_0573
キムチのおともはミュンヒナーデュンケル。
ビールとキムチって合うわ~。

--------------------------------------

以下、18禁(?)画像。

DSC_0567
セネガルスは2匹とも死んでしまって、セネガルス水槽は空になってしまったけど、
もう一つのデカ水槽は、たくさんのアメリカザリガニ他が。
偶然、繁殖期のザリガニを激写。
下のザリガニは、突然出てきたアルピノ種。
白いザリガニが増えてくれるといいなぁ。


nice!(3)  コメント(3)