So-net無料ブログ作成

今年もよろしくお願いします。 [年末年始]

今年ももう20日以上経ってますよ~。

さささーーっと片手でパッと更新できるソーシャルメディアとは違って、ブログはなんつーか腰をすえて取り組む感があるので、なんとなくそわそわと気忙しいときには更新が怠ってしまう。
でも、昨年のスタッドレスタイヤの一件で改めて記録しておく、そしてそれがすぐに検索できるというブログの長所を再発見したのでなるべく備忘録を怠らないように。

----------------------

今更ながら年末年始について。
これもけっこうブログに記録しておくべき重要事項。
なんつったって、あれ?昨年はどこで何食べた?なんてことがやたらとあるし、それにここ最近の「隠れたインフレ」とでもいうのか、値段は変わってないけど、あるいは消費税増税でごまかされちゃっているけど、でもよくよく見ると量減ってるよね?とかがあるので、ちゃんとブログ記事で検証しなければならない。うむ。

大晦日から1月3日までは恒例のホテル泊。
近場で年越しがすっかり気に入ったので札幌のホテルに泊まりました。

大晦日はお昼過ぎに札幌大丸におせちを取りに行き、ついでにホテル籠り中のお菓子なども調達。夕方5時前に改めて家を出発。
雪が少なくて本当に楽。大丸へも車で行けた。

DSC_1105
大晦日の午後。
デミオの車窓から。
駐車場入りに何時間かかるかな?と恐れつつ家を出たけどすんなり入れた。

DSC_1107
じゃーーん。
道民は大晦日の夜に一番盛り上がるんだぜ。
大丸で買ったお刺身がとても美味しく大満足だった。

でも、おせちは二人にはちょっとボリュームが多く、次は一人おせちを各々買って少しずついろんな味を楽しもうかということになった。
ボリュームが多いとは言え、もちろんお正月の3日ですべて完食しました。

ガキ使は面白かったなーー。
天海祐希さん最高だった。
美味しいものを食べながら酒を飲みつつガキ使を見て大笑い。
一年の締めにぴったりです。


nice!(0)  コメント(0) 

ツアーガイド? [旅]

11月15日から1週間ほどガイドさんとして動き回りました。
札幌→成田→大阪・神戸・京都→札幌

旅好きだしスケジュールとか考えるのも好きなので、実はツアコンとか向いてる!??
などとうっかり思ったりするものの、たまに飛行機の中でツアーを引っ張る女性がドロドロのデロデロ(いろんな意味で)になっているのを目にして、やっぱり私には無理だわと思っておりました。

この度、ツアコンデビュー(嘘)。
インドネシアからのお客さんの案内役をやってみた。
もうへっとへと。ところどころ記憶が飛ぶくらい。
不慣れなガイドと不慣れな通訳で脳みその回路が通常とはまったく違う経路でつながってしまったようだ。ところどころショートした。
途中で「滅私奉公」という言葉が文字通りの意味でまざまざと頭に浮かんだ。

夜に成田着のお客さんを迎えるべく前のり。
せっかく成田で自由時間ができたのだから観光しなきゃというわけで、
DSC_0669
成田山新勝寺。
暖かくて驚いた。

なんたって出発時の札幌は
DSC_0651
雪でした。

お寺までの参道が良いですね。
DSC_0656

あと、うなぎやさんがいっぱいあった。
DSC_0657
店頭でさばいてるの初めてみた。

たくさんあるうなぎ屋さんのなかで、店頭でさばいている店(私が見たのは2店舗)は大行列。やっぱり新鮮な感じがするもんね。

ものすごーーーく食べたかったのだけど、私は成田空港でバスの時間待ちの間に遅い朝食を済ませたばかりでお腹にまったく余地がなかったため泣く泣くあきらめた。
知ってたら絶対にうなぎ食べたのにーー。

そんなこんなでお迎えまでの時間を満喫した。


nice!(3)  コメント(3) 

2019年冬タイヤ交換 [暮らし]

これまでは「タイヤ交換♪」的なタイトルでしたが、今回からは時期を明確に。
...というのにはわけありまして。

2019年11月8日金曜日
前日か前々日の時間に余裕があるときにタイヤ交換にいこうと話していのけど、結局冬タイヤを積んどくだけで行かずじまいだった。
が、7日木曜日の夕方にフィットネスジムの帰り、風呂上がりでほわーっとしている私とは対照的にやってくる人たちはものすごく寒そうなうえに髪の毛には綿菓子が。
ん?頭になにかくっついてますよーと心の中で呟きつつ外に出ると、ゲッFreezing雪だ。
最高気温7度という寒い寒い日ではあったが雪が降ってきたかーー。
あータイヤ交換しとけばよかった…と後悔するもあとの祭り。
どうか積もりませんように。

8日朝、霜が降りたようではあったが雪にはならずにホッ。
でも今日こそタイヤ交換しないとねということで仕事帰りにオートバックスへ。

ダーリンは今年はブリザックVRX2に新調する気満々。
店内のタイヤ売り場ではVRXとVRX2とを比較するような展示がなされ、応対してくれたお兄さんは「VRX2の長所は『減り』が少ないくらいで、ストップ10%短縮っていうのはぶっちゃけ誤差の範囲内です」(←ぶっちゃけ過ぎ。ボルトの100メートルの記録が「だいたい10秒」というナイツの漫才を思い出した)。

あまりのVRXおしVRX2下げに、じゃあ2つの見積もり出してくださいとお願いしたところ、
VRXはおよそ7万4,000円、VRX2はおよそ9万円。タイヤ1本につき4千違う。
VRXしかないっしょという場の雰囲気ではありましたが、ダーリンはVRX2を試したいんで。譲らず。

車関係の支払いはいつもはダーリン担当なんだけど、私が払った方が良いということで私のクレカでお支払い。ポイントも私のオートバックスカードにつけてもらった。
タイヤ交換作業の予約を入れて一度帰宅。

予約時間に車をピットインさせた直後。
「持ってらっしゃったタイヤですが、2018年生産のVRX2なんです。どうしますか?」
えーーーーーーーーーーーーーーーー!!
ダーリンに連絡すると、えーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
昨年買ったっけ?え?どうだっけ?
レジに行って、ダーリンのオートバックスカード番号で購入履歴を調べてもらうと2018年10月31日に当店でお買い上げです。
ひー。タイヤ交換をしたことは覚えているけど、タイヤを買ったことは全然覚えていない。

で、ブログの記事をあたってみたところ、ありました
雑な感じでタイヤ交換とVRX2を買ったことを書いてある。

そんなわけで、今回からタイトルで明記を心がけます。

ところで、オートバックスのお兄さんはとても良心的で、タイヤが昨年のものと判明するとすぐ作業を中断してくれ、私に確認してくれ、そしてクレジット決済9万円を取り消してくれた。
これからもタイヤはオートバックスで買うわよん。


nice!(3)  コメント(2) 

12年目 [グルメ]

2019年9月某日。12年目を迎えました。
いやー。1周したか。うんうん。

今年は和食を食べたいということで、パークホテルのなだ万雅殿に行きました。
なだ万は、縁があって12年前くらいから「ハレの日」の御馳走で訪問するようになった。
ただ、この12年間でテーブル横に飾られている花がいつの間にか造花に変わっていたり、給仕の人数が客の数に比べて明らかに少なくなっていったり…と、経費切り詰めてる感があからさまで、「贅沢日本食」という雰囲気が徐々に薄れてきているように思う。

でも5月のダーリンのお誕生日のときに、評判の良い、ご夫婦で切り盛りされているお店でなかなか良いお値段のコース料理を食べて思ったのだけど、確かに一品一品心づくしのお料理だし、きっと市場でその日の最高のものを選んだんだろうなぁと想像できる素材ばかりだし、奥さんの給仕も素敵だし、かといって押しつけがましいわけでもないし、良いんだけどそして個人のお店を応援したいという気持ちはすごくあるんだけど、だけどーー同じ料金ならなだ万の方が良いかなと思ってしまった。

なんだろう。「札幌パークホテル」「10階」「なだ万」というワードが気分を高揚させてくれるのかな。ホテルのエントランスに入った瞬間に非日常な気持ちになり、中島公園を見ながら食べるというシチュエーションが料理を美味しくする。着席のときに椅子を引いてくれるし。
それになだ万は料理の鉄人世代にはあこがれのお店だもんね。やっぱり特別なんだわ。

まずはスパークリングで乾杯♪
DSC_0574

料理は、夏のコース『夏宮~松茸と鱧〜』。
DSC_0575
わー。やっぱりこの盛り付けよ~。上がるぅ[グッド(上向き矢印)]
献立表を無くしたので以下料理名なしです。

DSC_0578
DSC_0579
DSC_0581
DSC_0583
DSC_0584
DSC_0585
DSC_0586

大満足~。だったけど、「お食事」はそばだったっけ?
と、過去ログを確認するとそばを松茸ごはんに変更したらしい。
あと、料理の内容ももう少しゴージャスなような…。

実はものすごくインフレ進行中!?

よーし。これからも夏宮ウォッチャーとして記録していくぞ。


nice!(5)  コメント(2) 

北海道マラソン2019 [マラソン]

突然降ってわいた東京オリンピックの競歩とマラソンの開催地変更問題。
本当に札幌に[exclamation&question]
確かにドバイの世界陸上は見ていて胸が苦しくなるほどの過酷レースだったし、少しでもの暑さしのぎを狙っての夜中スタートというのもなんだかなぁ…の感想だけど、本当に開催地変更になるのかな。

第一報が流れたときは、えー!(率直に)嬉しい!と思った。
北海道マラソンの功績があったからだろうし、札幌が過ごしやすい街だと認められたような誇らしい気持ち。
それにマラソンはチケットがなくても沿道で応援できるから、どうにかその日に東京に行けないものか…と思いを巡らしていたので、それが向こうからこっちにやってくるだなんてなんという僥倖!

と、期待は膨らみ続けたんだけど、服部勇馬選手の「本心では東京を走りたい」という発言をネットニュースで読み、しぼんだ。
選手は「東京」を合言葉にやってきたんだ。日本開催ではなく、東京開催に大きな期待が集まっているんだ。「あのコースを走る」というイメージを持ち続けてこれまでまさに多くのことを犠牲にしてきたのに、それが競歩とマラソンは札幌ね。って。おい。

しかし、開催地変更なんてものすごい重大事案がしらーっと投下される一方で、10月への日程変更は論外なんですね。ラグビーがこんなに盛り上がってるんだから10月でも他の競技に埋もれず大丈夫なように思うけど。

--------
2019年8月25日は北海道マラソンでした。
書いた記事が保存されずに消滅してしまったのと、なんか忙しかったのとで、2か月も遅れて記事アップです。

大会当日は変な天気でした。
スタートの大通公園に行くため地下鉄大通駅を出ると小雨が降っていた。
でも、雨具をだすほどでもなくすぐに止んだのでこのまま尻上がりに晴れてくれたらなぁと思っていた。気温は23度くらいだったかな?
26度くらいを想定してノースリーブのウェアばかりそろえていたので、前日に22?23度と知りちょっと慌てた。
結局、肩が隠れるくらいのフレンチスリーブのTシャツ・アームカバー・手袋・短パンで走った。
キロ7分キープだからちょうど良いかな?と思ったのに走り出してすぐ暑さを感じてアームカバーを取って短パンの前ポケットへ突っ込んだ。
スタート直後はファンランの人たちとでごったがえすのでムシムシとして暑い。

6キロくらいまではすごく気分よく走った。暑からず寒からず。
しかし、7キロ過ぎて長い創成トンネルを出るとザーザー降りだった。
8キロ付近でフアンランとのコースの分岐に来た時には本気でファンランの方にいってゴールしたいと思った。

雨が上がったり、日が差したり、また雨が降ったりでまったく移り気な天気。
19キロくらいで長い長い直線道路に入ったらものすごい向かい風。
「向かい風に負けないで。折り返したら味方になってくれるよ」との沿道からの励ましの言葉をかみしめながらも、敵の時間がものすご長いぜ。

室内トレミランナーで、ただでさえ向かい風に弱いのにこの強風。帽子があおられる。
体が重い。ものすごく。
前ポケットに手をやるとそこには雨を含んでずっしりと重くなったアームカバー(ツルツル素材ではなくソックスのような素材)が。
重いのはお前かっっ!!と八つ当たり気味に取り出して、ついでにさっきから風にあおられっぱなしの帽子も脱いで22キロくらいにあった給水所のごみ箱へ。

これでちょっとは軽くなることを期待したけど、最初だけ。
ハーフ通過時間がちょうど制限時間の半分の2時間30分だったので、これと同じペースであと21キロ無理…。弱音が出た途端足もさらに重くなった。
23キロくらいかな。歩いてしまった。
この距離で、このペースで歩いたらもうダメなのはわかっている。それでもなんとか25キロまで走ったり歩いたりで、関門アウトとなりました。

2009年に初めて北海道マラソンに出場してから2018年まで8回走った。
結果は4勝4敗。5割。今年完走して白星先行にしたかった。
今年は完走できると思っていたのだけど。

ScreenHunter 95

これまでの記録をみてみると、2009年はなぜこれで完走できた?という感じだけど、とても涼しくて走りやすかったように思う。
それに10年前の私はピッチピチ(?)の40歳だもんね~。体重も8月末で53.9キロ。ギリギリ53キロ台。今より1キロ軽い。たかが1キロされど1キロ。最近じゃ昼抜きでも53キロ台にはならないからね。

逆に、2016年はなぜこれで完走できない?という走り込みだけど、あの年は8月中旬からインドネシアに行って1週間か10日間かまったく走らず、さらに大会の4日前にインドネシアから戻ってきて翌日にものすごい下痢になり、病院に行って点滴を受けて、ダメもとで走ろうと出場したけどやっぱりダメだった。という、アホみたいな日程だった。
走っててもお腹に全然力が入らなかったのよね。

まあ、例外の年もあるけど、5月6月7月の走り込みですね。特に5月と6月。大事。絶対。

来年の道マラスケジュールはどうなるのかな?
例年通りかな。頑張って勝率を5割に戻ずぞーーー。


nice!(5)  コメント(4)