So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

インドネシアのバンドンにいます [旅行(海外)]

2020年2月11日火曜日

早朝の朝5時10分に迎えにきてくれるよう2日前にタクシー会社に電話で予約。
が、「実際に配車できるかどうかは当日の天候その他の状況次第です」。
ひー。
ダーリンにそのことを話し、もし来てくれなかったら送ってねと頼み込む。

めでたく(?)定刻通りに迎えに来てくれて無事はに千歳空港行きのバスが出るターミナルに行けました。第一関門突破。

につけても、JRの快速エアポートの札幌始発は6時16分(空港着は6時55分)ってどういうこと。
飛行機の千歳発時刻は7時30分で、羽田経由で国際線搭乗なのでカウンター手続きあるので、遅くとも6時40分には千歳空港につきたいのに。

JR組よりは少し早く空港に到着できたけど、前日に下手にwebチェックインなんてしちゃったもんだから、自分で自動荷物預け機に入れれば良いんだよね?と機械を操作したら「発券手続きをお願いします」のような紙が出てきて、じゃあってんで自動チェックイン機で発券しようとしたら「チェックインカウンターまでお越しください」の紙が出てきた。
機械をたらいまわし(思い込みで勝手に回ったんだけど)にされた挙句に有人カウンターかよ!!と、毒づきつつ遅ればせながらカウンターに行くとなんやらヒトクセありそうな外国人の方々が並んでいる。

順番を待っていると、「7時30分発羽田行きの搭乗手続きは間もなく終了します」のアナウンスが。順番が来て、パスポート、健康状態、2週間以内の滞在歴うんぬんを確認され、確認され中も横のお兄さんの「今ちょうどやってます」というゲートの係員(?)とのやり取りが漏れ聞こえ、預け荷物のスーツケースにHOTの札が括り付けられた。

いそげーと検査場は別枠のエクスプレスで対応してもらって搭乗口へ。
良かった。間に合った。

DSC_1178
羽田での乗り継ぎはほんの1時間。
買えなかったお土産をなんとか調達して搭乗。
通路側の座席を選んだら、その横もそのまた横も乗客はおらず快適。

およそ7時間のフライトでジャカルタに到着。

DSC_1180

入国には健康チェックの紙が必要でした。
飛行機の座席番号を記入する欄があって、もし誰かがなんとかなったらその周りの乗客にも知らせが来るのかなと思った。

空港からバンドンへ移動。
バン型のシャトルバスに乗ろうと思うのだが、その乗り場がわからない。
とりあえずバス乗り場に行くと、ここではないあっちだと言われ、言われたそっちに行っても見つからない。
いろんな人に尋ねた結果、空港内のもっとも端っこにカウンターがあった。

ところで、マイナス10度の札幌からプラス30度のジャカルタに降り立って、右往左往しているうちにものすごい滝汗。汗を拭いたタオルハンカチがグッショリよ。

家から着てきたダウンコートは羽田でカバンにしまったし、飛行機の中で着ていたパーカーは荷物待ちのときに脱いで腰に巻いたので長袖シャツだけなのに。

まずい。昨年の同時期に、香港に行ったときにものすごい湿疹(帯状ではないが帯状疱疹だと思われる)が出たのは、急激の気温差に自律神経がやられたかららしいので、「焦らない。焦らない。ストレスに思わない」と自分に言い聞かせた。

お目当ての会社はもう予約でいっぱいだと言うので、同じ目的地の別の会社のシャトルバスに乗った。

DSC_1181
シャトルバスは助手席含めて8人乗りよ。

わりと順調におよそ3時間で到着。

ところで、インドネシアではコロナ患者が出ていないとか。
雨が多くて高温だからコロナウィルスはすぐ死ぬんだと豪語しています。

ほんとかなー。


nice!(0)  コメント(0) 

ついに [暮らし]

DSC_1177
(2020年2月5日撮影)

今年は雪が少ない少ないと言われていたけど、ついに来ました。ドカ雪が。
2月5日の1日だけで40センチ降ったとか。このドカ雪でいっきに降雪量が例年並みに追いついたというんだからすごいね。

5日の昼はツルツル道路と午後からの積雪が気になるところだったけど、なんとか大通まで車で移動。帰路はすでに降雪が始まった。

翌朝。
デミオの上にはこんもりと雪が乗っていた。
そして除雪で積み上げられた雪が車道までせり出し、道幅が狭くなっている。
もう対向車とすれ違えない。

さて。
ここまで雪が降ると車で出かけることをあきらめる私だけど、今年は雪が少なくて冬でも車生活にすっかりと慣れてしまったので、今更徒歩には戻れない。

というわけで、夕方車でフィットネスジムへ。
なんたって車道が狭くて対向車とはすれ違えないから譲り合いの精神が大事。
前から対向車が来たら、待避場(雪山が途切れているところ)まで行って通り過ぎるのを待つ。
行っていいよ~。
待ってるよ~。
行かせてもらってありがとね~。
目どころか運転手さんの顔も見えないが、コンタクトを取りながら前進。
これは車だけではなく、雪で狭くなった歩道を歩く時もそうですね。
だけど、歩道で譲り合いの意思疎通に失敗しても事故は起きないが、車は事故になる。

やっぱり雪道運転は苦手だな。


nice!(0)  コメント(0) 

北海道マラソン2020について [マラソン]

北海道マラソン休止
(https://www.hokkaido-marathon.com/)

ついに発表されましたね。

2019年12月27日付けで同ホームページ上のお知らせに
2020年の北海道マラソンについてと題して
「東京2020オリンピックのマラソン・競歩競技の札幌開催が決まったことを受け、北海道マラソン事務局では次年度大会の開催可否について、関係各所と協議しながら検討を進めています。
結果は2020年1月中をめどにホームページでお知らせする予定です。」(赤字と下線を加工)

開催時期ではなく、開催可否という言葉。
なんか予感はあったけど、でも道マラは道マラで歴史ある大会だし。
きっと2020年はコース変更(もちろんオリンピックのコース)で時期変更で開催されるのでは?
なんて淡い期待をしておりました。

決まったことはどどーーんと受けとめよう。
さてさて。年1でフルマラソンにエントリーすること(完走とは言わない)を目標にしているので、2020年はどれに出ましょうか。
夏にダレないために9月くらいのフルを目指そうか。

そっかー。2020年は道マラなしかーー。


nice!(1)  コメント(0) 

メロンパンうまくできた [暮らし]

買ったけどあまり使わない家電ランキング上位のホームベーカリー。
うちではけっこう稼働しています。
週3くらいは働いてくれている。

もっぱら夜にセットして朝できる食パンを作っていたけど、昨年夏くらいからピザ生地をホームベーカリーで作り出した。生地は50分でできるのでご飯を炊くような感覚。
生地ができたら、だいたい480グラムなのでそれを3等分してピザにしたりナンにしたりあるいは丸めて焼いたり。

あるとき中にあんこを入れてオーブンで焼いたら美味しかった。
それでいっきにいろいろなパンを焼きたい!!モードに入ったところで、「ヒルナンデス」で業務用スーパーで購入した食パンとバターでかんたんメロンパンなるものが紹介されていた。

これを我が家のパン生地で作ったら美味しいかも?
作った。

DSC_1170

いやーーん。激うまーーーー。

材料は、
バターと砂糖をチンして液状にし、小麦粉を合わせて練るべし練るべし。
これを丸めたパン生地(1個80グラム)の上にのせてナイフで切れ目をちょっとつけて、オーブンで13分。

香料とかは一切使わなくても素材のにおいだけで十分美味しそうなかおり。
コーヒーと合うんだなー。

ダーリンから「これ、売れるんじゃない」というお褒めの言葉いただきました。
美味しくて、褒められて、嬉しいのだ。

趣味はメロンパン作り(ものすごくピンポイント)ですの。なんつって。

かなりハマる。


nice!(0)  コメント(0) 

運転免許更新 [ドライブ]

もう5年たったかー。
で、今回も一般講習…。べそべそCrying face
おかしいなぁ。自分では優良ドライバーのつもりなんだけどなぁ。
でも、講習で自己の性格と運転の傾向診断みたいのを受けたら、
「流れに沿っていれば法定速度を上回って走行してもいいと思う」→思う。
そういうとこだぞ!
次回はゴールドに戻りたいものですなぁ。

優良ではないけれど、自動車運転免許試験場で講習を受けなければいけないほど悪くもないので、中央警察署で更新の手続きをした。
なんと!自分で車を運転して行った。

免許の更新の時期に運転ができるなんて初めてだ。
前日に雪が降ったものの、この日は最高気温がプラスになったから日の当たる道路はこんな感じ。
DSC_1160
日陰になっているところは雪が残っております。

5年前の免許証の顔写真はひどかった。なにせ証明が暗かった。
そのうえドすっぴんだったもんだから、顔色が浅黒く唇が紫色で。
顔色と茶色のセーターとが一体化して、ブルーバックに埴輪。いや土偶?
一目見て、ひどいーーー。こんなの5年も使うなんてイヤーーー。と思った。
私のあとに中央警察署ではない警察署で更新したダーリンの顔写真は照明しっかりでいつものダーリン。
私も次はここで更新手続きする!と心に決めるも、やっぱり今回も便利な中央警察署へ。

今回はしっかりと白粉をはたいて出かけましたよ。
出かける前にダーリンに顔を見せたら、「なんか顔白くない?」と言われた。
良いのよ。白いくらいでちょうどいいのよ。なんたってあそこの照明はひどいんだから。
そして前回の敗因は茶色のセーターにもあったので、今回は明るめのグレーのセーター着用よ。

いざ撮影コーナーに行くと、なんと今回は証明写真をとるカメラの上方がLEDでビカビカしているではありませんか。
女優ミラーもびっくり。
女優ミラーの場合は丸い照明が10センチくらいの間隔でポンポンと配置されている程度だけど、こちらは帯状のLEDがビカーだもん。発光するレフ版。

かくして、1時間の講習の後に受け取った免許証の写真は…。
白とびだーー。ぎゃー。
極端だわ。

5年後にはLEDの照明がこなれていることを期待しよう。


nice!(1)  コメント(2) 
前の5件 | -