So-net無料ブログ作成
マラソン ブログトップ
前の5件 | -

北海道マラソン2020について [マラソン]

北海道マラソン休止
(https://www.hokkaido-marathon.com/)

ついに発表されましたね。

2019年12月27日付けで同ホームページ上のお知らせに
2020年の北海道マラソンについてと題して
「東京2020オリンピックのマラソン・競歩競技の札幌開催が決まったことを受け、北海道マラソン事務局では次年度大会の開催可否について、関係各所と協議しながら検討を進めています。
結果は2020年1月中をめどにホームページでお知らせする予定です。」(赤字と下線を加工)

開催時期ではなく、開催可否という言葉。
なんか予感はあったけど、でも道マラは道マラで歴史ある大会だし。
きっと2020年はコース変更(もちろんオリンピックのコース)で時期変更で開催されるのでは?
なんて淡い期待をしておりました。

決まったことはどどーーんと受けとめよう。
さてさて。年1でフルマラソンにエントリーすること(完走とは言わない)を目標にしているので、2020年はどれに出ましょうか。
夏にダレないために9月くらいのフルを目指そうか。

そっかー。2020年は道マラなしかーー。


nice!(1)  コメント(0) 

北海道マラソン2019 [マラソン]

突然降ってわいた東京オリンピックの競歩とマラソンの開催地変更問題。
本当に札幌に[exclamation&question]
確かにドバイの世界陸上は見ていて胸が苦しくなるほどの過酷レースだったし、少しでもの暑さしのぎを狙っての夜中スタートというのもなんだかなぁ…の感想だけど、本当に開催地変更になるのかな。

第一報が流れたときは、えー!(率直に)嬉しい!と思った。
北海道マラソンの功績があったからだろうし、札幌が過ごしやすい街だと認められたような誇らしい気持ち。
それにマラソンはチケットがなくても沿道で応援できるから、どうにかその日に東京に行けないものか…と思いを巡らしていたので、それが向こうからこっちにやってくるだなんてなんという僥倖!

と、期待は膨らみ続けたんだけど、服部勇馬選手の「本心では東京を走りたい」という発言をネットニュースで読み、しぼんだ。
選手は「東京」を合言葉にやってきたんだ。日本開催ではなく、東京開催に大きな期待が集まっているんだ。「あのコースを走る」というイメージを持ち続けてこれまでまさに多くのことを犠牲にしてきたのに、それが競歩とマラソンは札幌ね。って。おい。

しかし、開催地変更なんてものすごい重大事案がしらーっと投下される一方で、10月への日程変更は論外なんですね。ラグビーがこんなに盛り上がってるんだから10月でも他の競技に埋もれず大丈夫なように思うけど。

--------
2019年8月25日は北海道マラソンでした。
書いた記事が保存されずに消滅してしまったのと、なんか忙しかったのとで、2か月も遅れて記事アップです。

大会当日は変な天気でした。
スタートの大通公園に行くため地下鉄大通駅を出ると小雨が降っていた。
でも、雨具をだすほどでもなくすぐに止んだのでこのまま尻上がりに晴れてくれたらなぁと思っていた。気温は23度くらいだったかな?
26度くらいを想定してノースリーブのウェアばかりそろえていたので、前日に22?23度と知りちょっと慌てた。
結局、肩が隠れるくらいのフレンチスリーブのTシャツ・アームカバー・手袋・短パンで走った。
キロ7分キープだからちょうど良いかな?と思ったのに走り出してすぐ暑さを感じてアームカバーを取って短パンの前ポケットへ突っ込んだ。
スタート直後はファンランの人たちとでごったがえすのでムシムシとして暑い。

6キロくらいまではすごく気分よく走った。暑からず寒からず。
しかし、7キロ過ぎて長い創成トンネルを出るとザーザー降りだった。
8キロ付近でフアンランとのコースの分岐に来た時には本気でファンランの方にいってゴールしたいと思った。

雨が上がったり、日が差したり、また雨が降ったりでまったく移り気な天気。
19キロくらいで長い長い直線道路に入ったらものすごい向かい風。
「向かい風に負けないで。折り返したら味方になってくれるよ」との沿道からの励ましの言葉をかみしめながらも、敵の時間がものすご長いぜ。

室内トレミランナーで、ただでさえ向かい風に弱いのにこの強風。帽子があおられる。
体が重い。ものすごく。
前ポケットに手をやるとそこには雨を含んでずっしりと重くなったアームカバー(ツルツル素材ではなくソックスのような素材)が。
重いのはお前かっっ!!と八つ当たり気味に取り出して、ついでにさっきから風にあおられっぱなしの帽子も脱いで22キロくらいにあった給水所のごみ箱へ。

これでちょっとは軽くなることを期待したけど、最初だけ。
ハーフ通過時間がちょうど制限時間の半分の2時間30分だったので、これと同じペースであと21キロ無理…。弱音が出た途端足もさらに重くなった。
23キロくらいかな。歩いてしまった。
この距離で、このペースで歩いたらもうダメなのはわかっている。それでもなんとか25キロまで走ったり歩いたりで、関門アウトとなりました。

2009年に初めて北海道マラソンに出場してから2018年まで8回走った。
結果は4勝4敗。5割。今年完走して白星先行にしたかった。
今年は完走できると思っていたのだけど。

ScreenHunter 95

これまでの記録をみてみると、2009年はなぜこれで完走できた?という感じだけど、とても涼しくて走りやすかったように思う。
それに10年前の私はピッチピチ(?)の40歳だもんね~。体重も8月末で53.9キロ。ギリギリ53キロ台。今より1キロ軽い。たかが1キロされど1キロ。最近じゃ昼抜きでも53キロ台にはならないからね。

逆に、2016年はなぜこれで完走できない?という走り込みだけど、あの年は8月中旬からインドネシアに行って1週間か10日間かまったく走らず、さらに大会の4日前にインドネシアから戻ってきて翌日にものすごい下痢になり、病院に行って点滴を受けて、ダメもとで走ろうと出場したけどやっぱりダメだった。という、アホみたいな日程だった。
走っててもお腹に全然力が入らなかったのよね。

まあ、例外の年もあるけど、5月6月7月の走り込みですね。特に5月と6月。大事。絶対。

来年の道マラスケジュールはどうなるのかな?
例年通りかな。頑張って勝率を5割に戻ずぞーーー。


nice!(5)  コメント(4) 

2019年洞爺湖マラソン [マラソン]

2019年5月19日日曜日Sun

今年も洞爺湖に行ってきました。
ダーリンDNSのため、今年もまた一人でJRに乗って日帰りマラソン。

午前4時30分起床。
朝食をとり身支度を整えて、
午前5時30分家を出発。

朝5時台は公共交通機関がないので、JR札幌駅までは徒歩。
昨年は母から自転車を借りて激チャリしたので10分で駅まで到着できたけど、徒歩なら30分はみないとね。タクシーつかまえられないかなと最初は振り向きつつ歩いたけどある程度の距離を進んだらもうあきらめた。結局20分くらいでついたのかな。
朝は冷えると思って着込んだせいで汗だくになった。

DSC_0268
朝6時発のスーパー北斗の自由席はそこそこの乗車率だった。
昨年はもっと空いていたけどな。

うつらうつらしているうちに乗り換え駅の伊達紋別に到着。
DSC_0269

待ち時間の20分ほどの間にお手洗いでコンタクトレンズを入れて顔に日焼け止めクリームを塗った。

洞爺駅行きの普通電車は、部活の高校生や有珠山登山と思われる年配者、そして洞爺湖マラソンのランナーでいっぱいだった。
有珠山登山もいいなーってちょっと思った。

有珠駅での停車がずいぶん長いと思っていたら、遅れた特急電車の通過待ちかなんかで4分ほど停車するとのこと。
洞爺駅到着もこのまま4分遅れたら、洞爺駅前発8:15の洞爺湖行きの路線バスに乗り遅れちゃうけど。バスは待っててくれるのかな? 駅前発の路線バスだからそういう連絡はとってるのかな?
..と思いながら洞爺駅に着いたら路線バスはすでに出発したあとだった…。
へー。行っちゃうんだーーー。と唖然としていたら、駅前の車寄せにたくさん並んでいた大会ボランティアを運ぶバスのうちの1台がランナーたちを送ってくれることになった。

ボランティアの高校生だけで7割がた埋まっていたバスにランナーたちが乗り込んだもんだから、もうぎゅう詰め。
私は最後部の5人座れる座席の真ん中に座らせてもらった。
バスは路線バスが停まる文化センターではなくお隣のコミュニティーセンターに停車してランナーを下ろしてくれた。バス料金330円得しちゃった。

ここで、走りよりも気になるのは帰りの「あし」。
昨年の場合、帰りの乗車時間が不明だったので指定席の予約をせずに洞爺駅で購入した。購入時点で指定席券は売り切れとのことで自由席に座れるかすごく心配だった。昨年はなんとか座れたものの、今年も自由席に座れるとは限らないしでも絶対に座りたいので、午後4時50分発のスーパー北斗の指定席を予め購入した。

問題は、
16:50発のスーパー北斗に乗るためには洞爺湖発15:25のバスに乗らなきゃならない。
9:30マラソンスタートして、5時間で完走するとしたら、
14:30 フィニッシュ、荷物をとって風呂。
15:25 バス乗車。いや。早めにいって並ばないと座れないぞ。

バスに間に合わなかったときのためにタクシーの運転手さんに洞爺駅までのタクシー料金を聞いたら「だいたい2000円だね」。2000円かー。2000円も痛いけど、財布代わりのジップロックには3000円入っているかどうかという懐事情。心もとなさすぎる。
タクシーに乗るとするなら、16時20分まで洞爺湖に滞在できる。となると、5時間30分完走で午後3時フィニッシュ。それから荷物とって風呂入って…うんいけるか。でも2000円痛いなぁ。

などということばかり考えていたスタート前。

-------------------------

「マラソンってメンタルの部分大きいですよね」「いやあ。ほんとメンタルはデカイよ」
というはやいランナーさん同士の会話を、なぜかうんうんと大きくうなずいて聞く私。
だって、走る前から帰りのことばかり考えていた私は18キロでリタイアしたんですもの。

走り始め足がパンパンで走るうちに良くなるかなと思っていたらどんどんつらくなってきて、15キロくらいで歩き始めてしまった。歩いたり走ったりを繰り返しているうちに、こんな35キロ以降なら許される状態に15キロでなっていたら完走なんてムリ~ってことで18キロ地点でリタイア申告。収容車に乗り込んで、サブ4ランナー並みのはやさで戻ってきました。

荷物を取ってお風呂へ。女性風呂はまだ空いていた。
昨年は脱衣場も浴室内も大混雑で不満だったから嬉しい。

DSC_0272
洞爺湖を眺めながらの風呂上がりの生ビールは格別だったよ。
スタート前に食べようと思っていた赤飯のおにぎりをつまみにした。

マラソン中は暑かったけど風がけっこう冷たい。
DSC_0274
遠くに羊蹄山が見える。

午後3時過ぎにバス乗り場へ。座れた。
洞爺駅に到着すると先発のスーパー北斗が遅れて到着。
指定席をとってなかったら乗車できたんだけどな…。

1時間なにもない駅で待つのはつらい。
駅前で唯一開いているおみやげ物屋さんを兼ねたコンビニ(?)で、ダーリンへのお土産のイチゴなどと缶コーヒーとわかさいもを購入。
DSC_0277
駅の隣のよくわからないホールで時間をつぶした。

DSC_0279
洞爺の桜は見ごろでした。

いったいなにをしに洞爺湖くんだりまで行ったんだかよくわからないけど、天気良かったし、18キロの外ランしたし、温泉に入ったし、生ビール美味しかったし、道マラに向けての課題がたーーーーーーーくさん見つかったしで、〇だ。


nice!(4)  コメント(5) 

豊日川マラソン(ハーフ)走ってきました。 [マラソン]

令和元年5月5日Sun

毎年恒例、マラソンシーズンの走り初め大会の豊平川マラソン(ハーフ)を走ってきました。

DSC_0228

今回はダーリンDNSのため一人参加。
朝8時に家を出て地下鉄に乗って真駒内公園へ。

いつも荷物預けは長蛇の列なんだけど、今回は袋に張り付けるナンバーシール書き台が列ができる手前に設置されていて、ナンバーを記入して貼り付けてから預け場所に持っていく方式に変更されていた。すんなり預けることができた。

トイレも済ませ、スタート時間の20分前に整列。
9時30分のスタート時点の気温は19度。

この大会は天候を読むのが難しい。
寒いときは、冬期間に雪堆積場となっている河川敷の雪が溶けずに氷山のような様相で残っていて、その氷山舐めの冷たい風が容赦なく吹き付けてきて寒いったらありゃしない。
雪がなくても、強風が前へ歩を進めるのも難儀するほど吹き付けてくることがある。

そんな豊平川マラソンなのに、今年は「え? 道マラ?」って思うほどの暑さ。午前9時で19
度だった気温はぐんぐんあがり、お昼頃には23度(当日の最高気温は24度)。

道マラなら暑さ対策と熱中症対策は必須の心得なんだけど、なんせ豊平川は寒いって印象だから。
前日の予想気温で暑くなりそうとは思ったので、例年は長袖Tと長スパッツ着用のところを半袖T&アームウォーマーと七分丈スパッツを着用。暑くなったらアームウォーマーとればいいもんね♪ が、落とし穴があった。

折り返しを通過するともうのどカラカラで走れない。
次の給水所まで歩いて到達(12キロか13キロくらい)。
ポカリを2杯と水を1杯頂戴してちょっと元気になったけど、もうすぐに水を欲する状態。
顎からはらだらと汗が流れ落ちて、次の5キロ先の給水所まで水なしで走るなんて絶対無理。
アームウォーマーを取ったら少し涼しくなるかな?と思ったところで、ハッ(゚Д゚)
アームウォーマーつけるから大丈夫と思って腕に日焼け止め塗るの忘れた!!
ダメよダメよ。むき身でこの直射日光にさらしてはいけない。
というわけで温度調節できず。とぼとぼと歩く。
いっそのことリタイアしてバスでぴゅーっと戻りたいところだけど、この大会は全員完走前提で制限時間もすごくたっぷりとってあるのでそれもできず。

とうとう次の給水所まで歩き通してたっぷりと水分を頂戴すると「残り3キロ」の看板が。
あと3キロ。走るか。それからは歩くことなくなんとかゴール。
2時間40分。べそべそ。

ゴール直後にもらったボディメンテを一気飲み。
荷物をもらって着替えるのがやっとで真駒内駅まで歩いて戻る気力がなく、初めて会場から真駒内駅までの臨時バスに乗り込んだ。

image
50歳になって初めて臨んだ大会
そして元号が令和になって初めてもらった記録証。

やっぱり完走できてよかった。


*50歳になって初めての大会は鹿児島マラソンでした。
nice!(5)  コメント(3) 

2018年8月の月間走行距離 [マラソン]

ScreenHunter_89 Aug. 30 23.01

2018年8月の走行距離は142キロでした。
もうちょっと行くかと思ったけど案外走ってない。
道マラを走っていないダーリンと20キロくらいしか差がなかった。

------------

友人と完走祝賀(?)パーティーした。
DSC_1152
@洋食バル 函館 五島軒 フコク生命ビル店2階。
初めて行った。

DSC_1154
120分飲みホのビールはプレモル。
「完走おめでとう!かんぱーい!」って,この歳になると誕生日よりも数十倍嬉しい。

DSC_1153
DSC_1155
このあとステーキもきたんだけど撮影忘れ。

このプラン,月~木の平日なら2500円または飲みホ150分になる。
という話をしたら,「次の日に残るから月~木は無理だなぁ」という話になり歳を実感。
確かにね。翌日を気にせず飲みホを満喫して次の休日にゴロゴロするって至福だよね。

このあとなぜか立ち飲み屋に梯子して散会となりました。

完走のおかげで集まる口実できて楽しく飲めたね~なんて言ってもらっちゃって,
8月~は道マラ完走で酒が飲めるどー。を恒例にしたいな♪


nice!(4)  コメント(5) 
前の5件 | - マラソン ブログトップ